読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬー。

くだらないことを書き綴るよ。その中に何か一つtipsを込めるよ(目標。

私の○○離れ 第二回

先日、旦那ちゃんのめでたいめでたい誕生日。

学年は同じだけど、6月生まれのアテクシ、11月生まれの旦那ちゃん。

この5か月がどんなに忌まわしいか…。

f:id:ray-ark:20141118114755j:plain
 
 
 
 
 
 
 
 
そして相手が年配の方だったりすると年上女房は金のわらじを履いてでも探せってね、とか話が続いたりする事もある訳よ。
違うの、褒めて頂いて恐縮だけど、確かに厳密には5か月ちょい年上と言えるかもしれないけど違うの、干支は同じなの私たち。学年同じなのおおおお
 
 
f:id:ray-ark:20141118114817j:plain
 
 
 
 
 
 
 
年上扱いされるのもなんとなく微妙な気持ちになるお年頃だけど、そう、そんなお年頃だけれども・・・うーん、なんでイヤなんだろ、あれ?
そもそも何の話だよ・・・。
 
そんな訳で、旦那ちゃん誕生日。
土曜日にもうちの実家で行われたモノの、やはり当日もちょっと何かしようと言う事で冷蔵庫、冷凍庫、野菜ストッカーを見渡す私。
 決めたメニューは以下のもの♪
■オクラと海老の豆乳カレースープ
 
■鶏肉のマリネソテー
 
■ガーリックバターライス
 (ぬーレシピ故目分量w)
 
■温野菜 手作りドレッシング
 
 
f:id:ray-ark:20141118121317j:plain
 
 
 
 
 
 
 
 
 
食卓にはこの他にお刺身等が並びますw北陸だしね、刺身食べなきゃw
 
メニューの参考がてらレシピサイトを閲覧・・・そう、私が離れた物はクックパッド。
 
ドレッシングはクックパッドだけどねw
これをベースにその日に寄って少し砂糖減らしたり野菜増やしたり、5年?くらい前からの愛用レシピ♪

元々、レシピを通してユーザとメーカーがwin-winになるようにと考えられている、そんなコンセプトをも持つ巨大レシピサイト。
今だから言える、前職は子育て系医療サイトなるものの運営会社にいたので、やはり夢見た物はwin-winの関係だった。
 
なのに・・・もはや私には使い難くなってしまったのだ。ってdisるつもりは無い、ココまで書いてなんだけど悪く言うつもりは無い。
私に合わないだけだと思う。寧ろ昔は結構見てたのだけどね。
 
基本を抑えてないレシピ多数・・・
玉石混淆過ぎる気がする。やっぱり料理にはきっちり抑えるべき基本ってのは存在して、それがブレてるっていうかズレてるものは、万人の口に合う物になる訳が無い。そうじゃなくてもそもそも味に万人ウケなんて無い訳で・・・。で、タイトルと出来上がりの写真だけ見てもきっちり基本抑えてるレシピかどうかなんて分かんないから探すの一苦労・・・
 
検索し難い・・・
昔、ディレクトリ型のやふーさんが大好きだったぬーだよ!w
多過ぎる物は見難くなる。目的の物を探せる確率は絶対数から考えたら上がるかもしれないけど時間というコストが消費される・・・で、このコストだけは基本的に取り返しがつかない。
プレミアム申し込め?だったら本買うわ本。本って媒体結構好き♪
 
料理を作らない時ならいいけどネタが増えたw
いや、いいんですよ素人投稿物だからwwwでも探す時には(ry
 
 
そんな訳で基本通りで考えられていて、時にはバランスまで含めて作られるプロのレシピってやっぱりすごいと思ったの。
あとね、自分のレシピっていうか調理、分量計らない訳ですよ。目分量。
おかし作りだけはきっちり計るのだけど、例えばみそ汁なんてだし汁の量も味噌も計った事なんて無い。
 レシピ投稿してる人って何がすごいって計ってどれだけか知ってて作ってるのがすごいよ!すご過ぎる!
自分には出来そうも無いので投稿した事は無いのですwww適当万歳www
 
なのにさ・・・こんなに適当な私が困るのはコレ↓
 
全部ではないけど、だし汁はだしの素利用のレシピなので・・・
いや、いいんですよ普段使いですしw
でもね、ちょっとこった事しようと思ったらだし汁取るのね。
それで調理したら分かる。絶対的に薄い・・・。だしの素の塩分含んだレシピ・・・
元々薄味好きだからいいんだけどさ。
でもそれならだしの素って書いて?
基準が統一されてない訳よ、当たり前だけど。
 
そんなこんなで・・・。
確かにあのサイトでセミプロ料理家みたいな人も出てきただろうし、そもそもクックパッドからのレシピで本が出たりしてるし。
それこそアフィブロガーなどと同じような夢を見れるのかもしれないよ、あの世界は。
 
だけど情報を選択することって結構大変だから、それだったら最初から明らかにプロが作った料理を参考にするのがいいじゃない、っていう。
 
とは言え日々のレパートリーに何か追加するには、みんなの家庭の味は面白いのかもしれないけどね。