読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬー。

くだらないことを書き綴るよ。その中に何か一つtipsを込めるよ(目標。

クレームに対して自社の商品券は有効なのかふと思った事を書いてみる。前編?

生活トラブル

久しぶりに息子がベッドに世界地図を描いてしまいました…タオルで叩いて出来るだけ吸い取る→ファブリーズ→更にタオルで叩く→暫く放置→布団乾燥機。←今ココ
対処これでいいんでしょうか。何か妙案ありませんかね?ぬーです。

 

まぁそんな事はおいといて(いや、おいとけない、結構切実)マクドナルドの異物混入とかで思い出した、ちょっとしたクレームの実体験を書いてみます。

 

仕事でクレームを受ける側だった時のハナシ

確か10年ほど前かな、某コールセンターでSVをしていた私は、フリーダイヤルにかかった、お客様(後にわかるがそこそこ年配の男性)からの電話を受けた。

客「ねーちゃん、アンタ今のシャバどうおもっとるんじゃ」

私「(・・・・・・・・え?w)い・・・・今の世の中でございますか(しまった、これは問い合わせじゃねー、関係のない電話だ)」

客「政権うんたら〜若いもんがなんたら〜支持政党はどうなんだ〜選挙は行くか〜」

今の日本の不満を述べる事30分ほど、退勤時間ギリギリだったから、この内容の為に残業になってる訳で、そりゃー私も同僚も上司も微妙な気持ちである、が。

切れない。かかってきた電話は余程応答が無いとかでも無い限り基本的に切れない。

応答が無い場合にはまさにそのまんま、「応答がございませんので、申し訳ございませんが切らせて頂きます」って言葉を挟むくらいだ。だがお客様が「お客様(笑)」だったとしても、もしそうだとしても、話してる限りこっちから一方的に切れない。切るようには仕向けるけど、タダで話せるんだから、それを目的としてるような方はなかなか切ってくれない。

そんな時、そのお客様の電話、子機だったのか充電が切れそうとの事。

客「おい!親機に変えるから切るなよ!きるn・・・・」ツー、ツー、ツー

 

 

お客様の子機、充電切れて電話切れる。

 

あー、切れちゃった。とりあえず内容だけ引き継いでかーえろっと。

 とか思ってると速攻かかってきたんですよねー、恐らく親機から。他の社員が出ると

 

客「お前んとこは電話勝手に切るんかああああああ!!!」

 

周りにいた人もみんな知ってる、つーかそもそも途中から録音してたからこっちが切ってないのも明白、だけどどうにもならない。次に出た人とにかく謝る&上司に変わりますのコンボで更に謝るけど怒り冷めやらず。なんてこったい、なんて地雷。

で、自社サービスのプリペイドカードとお詫び状を送付する事になったのだけど・・・

 

返送されてきた。着払いで。

 

 

因みにそのコールセンターでのお詫び等にはプリペイドカードが使われるのが定石だった訳で。
そのコールセンターの電話番号を知ってる人=ある特定のサービスを利用してる方なので、使える可能性の高いモノ。

 

そして再びまた電話がかかる・・・orz

客「俺が求めてるモンはこんなもんじゃねえんだよおおおお!!!」

 

結局センター長が自宅に謝りに行くまでにこじれるんだけど、結局その人もわかってたんだよねー・・・・実際誰も悪くない事も自分がおかしい事を言ったことも。

だからセンター長が来たら逆に平謝りだったらしいけど、ここまでの話しになると他のセンターとも共有するレベルの案件になってしまってて何ともかんとも。

で、菓子箱受け取ったらしいよ・・・結局はサービス利用者のままだったよ・・・

 

例えばマクドナルドの件ならさ、「食べ物にこんなモノが入ってたなんて!!怖くて食べられない!!」となるだろうから食べ物が無償になるものをもらっても嬉しくないのは感覚でわかる。

 

だけど、有形のモノじゃない場合、もしかして自社の商品券に当たるようなモノは、今後また、何かの機会に利用して頂くきっかけにする為には必要なのじゃないかと思うに至る件が、クリスマスにありましたとさ。
あ、私はもうその店、利用したくない気持ちでいっぱいなのもまた真実なんですけどねーwwwww

続くorz